手作り美容液ホエイって何?

 手作り美容液のホエイとはヨーグルトの上澄み液のことです。別名で乳清(にゅうせい)とも呼ばれたりしていますが、ホエイというフレーズの方が美容的な世界では有名のですね。

ヨーグルト

 叶姉妹がテレビやブログなんかで紹介したこともあって、認知度が一気に上がったこのホエイ、作り方はとても簡単なのです。

 叶姉妹の作り方は、ホエイだけでなくハチミツやハトムギなんかをブレンドして使っているようなので、純粋にホエイだけっていう使い方ではなかったように思いますので、ここでは純粋なホエイの作り方を紹介しますね。

 では、以下より具体的な作り方や必要なものを紹介していきたいと思います。

ホエイを作るために必要なもの

  • 無糖のプレーンヨーグルト
  • キッチンペーパーかコーヒーフィルター

 必要なものはこれだけです。

ヨーグルトとコーヒーフィルター

 あと強いて言うなればすくうためのスプーンだとか、入れ物にするコップくらいでしょうか??本当にこれだけで手作り美容液のホエイを作ることができるのです。

 ちなみに、ヨーグルトは市販のものならほとんどなんでも良いですが、何か入っているようなヨーグルトは避け、無糖のプレーンヨーグルトがオススメです。

 また、厳密には知らないのですが、低脂肪のものは含まれる成分数が少なくなってしまうかと思いますので、普通のヨーグルトが良いと思います。無糖か加糖かの話に関しても、どちらでも良い気はするのですが、一般に無糖のものを使うのが良いようです。

ホエイ美容液の作り方

 ホエイ美容液の作り方はとっても簡単。作り方というほどのものもないくらいの勢いです。

 我が家では軽量カップとキッチペーパー&輪ゴムで実際にホエイを作ってみました。下の写真のようにセットし、あとは冷蔵庫に入れて一晩待つだけです!!

イメージ
イメージ
イメージ

 後は勝手にホエイ液が取れますので、翌日に回収するだけです。写真のような感じでポツポツと1滴1滴落ちていきますので、まったりお待ちください^^

ホエイ美容液の使い方

 ホエイ美容液を気になるところ(今回の場合は乳首)に塗って、3~5分程度待ってからきれいにふき取るか、ぬるま湯で流してハイおしまい!です。

 詳細は次の項目の注意点で紹介しますが、使用上限は週に2~3回までのペースです。

ホエイ美容液

 また、個人的な意見としましては、あまり乳首を摩擦するのは良くないかと思いますので、ぬるま湯で流す方が良いかなと思います。

ホエイ美容液の注意点

 ただ、注意点が2つあります。1つは、ホエイ美容液はもと食品なのですが、アレルギーの可能性がゼロではありません

 もし乳首に塗ったときに違和感を感じたり、5分後に違和感を感じられた場合は使用をやめてください。美容液が刺激となってしまっては、何の意味もないからです。

違和感を感じる

 2つ目は、ホエイ美容液にはピーリング効果があるので、毎日バストトップに塗るとツルツルのテカテカの乳首になってしまいます

 週に2~3回程度のペース以下を守らないと黒ずみどころの騒ぎではなくなる可能性もありますので、ご注意を。

 自分で作るのが面倒、テカテカ乳首にはなりたくない、副作用が心配など思う方は、ホエイ美容液でのケアはやめて、専用のケアクリームの購入が良いかと思います。

 専用のケアクリームに関してはこちらのページで徹底解説しています、よろしければご覧ください^^

ホエイ美容液はどのくらいもちますか?

 個人的には1回限りの使用が良いと思います。いくら煮沸消毒した、衛生的に作った!とは言っても所詮素人レベル。

 そもそも室内には空中を漂う菌がいくらでもありますから・・・。作ったホエイ美容液に指を入れてすくい取ったならもう一発アウトでしょう。

雑菌まみれ

 検索してみると分かると思いますが、3~4日目のホエイ美容液を使っている方はたくさんいますし、問題があるような書き込みはありません。

 ただ、せっかく食品由来の肌に優しい栄養たっぷりの美容液!を作ってるのですから、何も自分から雑菌まみれの美容液を塗るなんてことは本末転倒だと思うんですよね^^;

ホエイ美容液でピンクの乳首へ

 これでホエイ美容液に関することはすべてです。あとは、実際にやってみて効果があるかないかは個人差もありますので、むつかしいところではあると思います。

成功への挑戦

 少なくとも、美白クリームを購入しなくても自宅で手軽に乳首ケアをすることができますので、一度挑戦してみる価値はあるかと思います。

 もし、効果を感じない、肌に合わない感じがする場合は、専用のケアクリームを買う方が安全で手軽だと思いますよ^^

Page top icon