乳首の乾燥は黒ずみの始まり

 バストトップが荒れて痒みがあるかき過ぎてかさぶたになった皮が剥けたなんだか浸出液が出てきた掻きすぎて左右の乳首の色が違ってきた、などなどという声は意外と多いものです。

 デリケートなところの話題なので、よほど心を許した間柄でないと相談もできないので、こういった症状の人が他にもいるということを知らない女性も多いものです。

乾燥した大地

 このページではそんな乳首の乾燥についてのこと、対策についてのこと、乾燥すると何故黒ずむのか、などを紹介してみたいと思います。

乳首が乾燥→黒ずみへと進む理由

 人によって乾燥してしまう理由は異なるので一概には言えない部分もあるのですが、もともと乳首は皮膚の中でもデリケートな部分です。

乳首

 そして、女性はホルモンバランスによってお肌の調子が左右されることもあります。代表的な乳首の乾燥の原因は以下のようなものです。

  • ブラの化学繊維が肌に合わない(合わなくなった)
  • 石けんで洗いすぎ(擦りすぎ)
  • 生理前
  • 妊娠・出産で肌質が変化した
  • ホルモンバランスの変化
  • ブラが不衛生でカビが原因

 など、色々理由が上げられます。上記のような原因から乾燥が始まり、症状が進むと痒みが出たり、炎症を起こしてしまうなどして、それが刺激となりメラニン(黒ずみ成分)の生成が強くなり乳首の黒ずみの原因となる場合があります。

 できるだけ乾燥しないよう、乳首への刺激が増えないよう、普段から原因を取り除いた生活を送るようにしましょう。

バストトップの乾燥・かゆみ対策

 何が引き金となっているのかで対策は変わってきますが、ブラをサイズの合うものに変える、綿のものに変える、乳首を洗い過ぎないようにする、入浴後にしっかり保湿する、などで改善することが多いです。

入浴後のケア

 ですが、あまりひどい場合は塗った保湿剤やクリームがかえって刺激となってしまうこともありますので、気になる方は婦人科や皮膚科への受診をオススメします。

 症状が軽ければワセリンなどの保護性が強い軟膏が出され、炎症が出ていたりするとステロイド入りのクリームか軟膏が処方されることもあるかと思います。ステロイド剤はいくつか気になる副作用がありますので、医師の指示通りに使用してくださいね。

乳首の乾燥を抑えるクリーム

 ワセリンは良いけどブラにつくのでイヤだ、でも普通のクリームだと乾燥してしまう、何かないの??っという方にオススメのクリームがこちらのロベクチンです。

 私の知り合いの美容ブロガーさん(アトピー持ち)一押しのクリームです。

 正直、私は男なので使ったことはありませんし、アトピーではないので使い心地とかを詳しく紹介できるわけじゃないので、詳しくはトライアルページを読んでみて!!っとしか言えないのですが、すごく良いクリームなんだそうです。

 公式サイトをチェックしてみる
Page top icon