乳首にハイドロキノンを使った体験談

ハイドロキノン体験談インタビュー

 実際に乳首に使ってピンク色にした人の声を聞いたことがありますが、赤みが出てから皮が剥けて赤みが引くまでの間が地獄のように痒かったと書かれていました。

 また、作用が強いからといって1ヶ月2ヶ月でピンクの乳首になったかというとそうではなく、根気強く1年くらい地獄のかゆみと戦ったと聞きました(この方は最終的に理想の乳首になれたみたいです)。

理想の体

ステロイドは常備していた

 時にはかゆみで眠れないこともあったみたいで、強めのステロイド剤を常備していたそうです。なかなかの覚悟がないとハイドロキノンを乳首に塗り続けるのは難しいんじゃないかなと私は感じました。

ステロイドの軟膏

 まぁ、みんながみんな同じようにかゆみと戦うわけではないかと思いますが、そういった副作用があるということは頭のすみにおいておく必要があるかと思います。

 ハイドロキノンクリームは美容クリニックなどで処方してもらうしかないと思いますので、医師の指示のもと、きちんと使ってほしいですね。

ハイドロキノンは美容外科や皮膚科では普通

 美容外科や皮膚科での美白としてハイドロキノンは比較的普通に使われるものなので、乳首に使ってはいけないものではありません。ただ、ハイドロキノンは上の体験談でも分かる通り、作用が強い反面、副作用が強いことでも知られています。

皮膚科での処方

 この辺りが理由で日本では規制がかけられていたという過去があります。最近では、規制が緩和され、ハイドロキノンが成分に含まれた化粧品が販売されるようになってきていて、普通に手に入れることができるようになりました。

ハイドロキノン使用の注意点

 ハイドロキノンは、人によってピリピリとした痛みを感じたり、赤み、かぶれ、炎症などを起こします

 特に使い始めの時期に多いと言われていますが、これは肌に浸透しているという意味でもあるので、ここを乗り越えないと美白への道は進めません。

ハイドロキノンの注意点

 一時的に、肌荒れのような状態にはなりますが、塗った部分の皮ごとシミが剥がれていくようなイメージです。

 つまり、塗る→赤み→肌荒れ→皮がむける→赤みが引く→塗る→赤み→肌荒れ・・・を繰り返して美白へと近づいていくのです。

 ある程度塗り続けるとハイドロキノンに対する抵抗力も付いてきて赤みが減る人もいるようですが、そもそも肌に合わず痛い、かゆい、どうしようもないといった人がいるのも現実です。痛み、かゆみなど不快な症状が引かない場合は病院へ行くことをオススメします。

ハイドロキノンは冷暗所に保存

 ハイドロキノンは化学的に熱や光に弱く、不安定な物質です。しっかりと密封して冷所(冷蔵庫など)で保存するものです。

ハイドロキノンは冷蔵庫保存

 熱や光でやられて酸化してしまったハイドロキノンは、本来のハイドロキノンよりも赤みやかぶれが強く出る傾向があり、塗り続けることでシミを取るどころか、肌に刺激を与えているだけになってしまいます。

 目に見えてハイドロキノンのクリームが茶色であれば、どれだけ勿体無いと感じても捨てるべき状態です。残しておいても、使っても良いことはありませんので、新しいものを美容外科なり、皮膚かなりに貰いに行ってください。

ハイドロキノンを塗るなら紫外線対策が必要

 当サイトを読んでる方で、『乳首に使いたい!』と考えているのなら心配無用な話かもしれませんが、ハイドロキノンを塗るとメラニン色素が抑えられた状態なので、紫外線に弱い状態のお肌になっています。

ハイドロキノンを使うなら紫外線対策

 乳首に使うだけならさほど気にしなくていいですが、それ以外の部分にも使うなら必ず紫外線対策が必要となります。

 顔や腕、足など日光が当たるような箇所での使用は紫外線対策を忘れないようにしてください。

ハイドロキノンは強力な反面大変

 市販のケアクリームで物足りない、もっと強力なやつで改善したい!!っという方であれば、このページに書いてることくらい気にならないかもしれませんが、まずは乳首ケアを始めたい、っと思っている方にはハイドロキノンは少しハードルが高いんじゃないかと思います。

 ですので、まず最初に始めるなら市販のケアクリームか、手作り美容液のホエイあたりからかなと思います。

 当サイトでは両方とも紹介していますので、チェックしてみてください。

Page top icon