女性ホルモンが原因で乳首の色が変わる

 一般に成熟した女性は、若い人ほど乳首の色は濃いものです。これは女性ホルモンの影響で乳首の色が変わる原因の1つです。

 女性ホルモンの影響で乳首の色が変わるもので代表的なイベントが妊娠~産後です。この時期は特に色が濃くなりますが、これは黒ずみではなく正しい体の反応です。

妊娠中

 また、女性ホルモンの分泌は年齢によっても変化するので、年を重ねるごとに女性ホルモンが減少、結果的に乳首の色が薄くなることが知られています。

 ただ、元々の肌の色合いに個人差があるので、赤の他人の20歳と40歳を比べるとどの人でも20歳の方が濃いとは限りませんが。

 極端な例でいえば、人種が変われば、元々のメラニン(黒ずみの物質)が少ないので、特に白人の場合、肌の色は白く、乳首の色はピンク色であることが多いです。

年齢を重ねることが原因で色が変わる

 年齢によって女性ホルモンの量が変わる話を上ではしましたが、それ以外でも年齢で乳首の色が薄くなることが知られています。

 一般的に、顔やお肌は年齢を重ねるごとに、ハリを失い、くすみが出始め、最悪シミやそばかすになったりしていきますので、全体的に考えればお肌は黒くなっていく(日本人は黄色っぽくも)傾向にあるのですが・・・。

シニア女性

 意外に感じるかもしれないのですが、乳首は年齢を重ねるごとに薄く(ピンク色)に変化していきます。妊娠や授乳などで一時的に濃くなることはあるのですが、人生全体でみると薄くなっていくものなのです。

 その理由としてあげられるのが、メラニン生成をする細胞の働きが弱くなるからなんだそうです。

 つまり、乳首の色の濃さは若さの印ということでもあるのです。

余計な刺激が原因で色が変わる

 黒ずみ乳首に悩む女性で最も多いのが、余計な刺激が原因で起こるものだと思っています。

 黒ずみをどうにかしようと、過度なピーリングを行ったり、歯磨き粉が良いと聞けばそれを試してみたりと、余計な刺激を与えることで余計に黒ずみを作っているという話です。

歯磨き粉

 乳首はご存知の通り体の中でもデリケートな部分なので、大丈夫だと思っていても過度な刺激となっているケースがあるのです。

 特に当サイトに訪問されている傾向を見ていると、ブラのサイズがあっておらず、プカプカしていることが原因で黒ずみを生んでいるっという話もあるくらいです。(詳しくは都市伝説?貧乳は乳首が黒いで解説)。

もともとの肌質で乳首の色を考える

 ここでは日本人の肌質を大きく3つに分けて、それを元に乳首の色合いを紹介してみたいと思います。

肌質

 まず、日本人を肌質で大きく分類すると、

  • 日焼けすると赤くなるタイプ
  • 日焼けすると赤くなってその後黒くなるタイプ
  • 日焼けすると赤くならず、黒くなるタイプ

 の3種類に分けられます。これらの肌質の人は元々の乳首の色はそれぞれ、

  • ピンク色の乳首
  • 薄い茶色~茶色の乳首
  • 茶色~黒めの乳首

 であることが多いとされています。ただし、日本人のほとんどが2番目に紹介している、日焼けすると赤くなってその後黒くなるタイプ茶色~薄い茶色の乳首であることが多いのです。

 また、残念ではあるのですが、薄めの茶色~以上の濃い色の乳首の方は黒ずみしやすい体質であると言われています。メラニンが多いから黒い=メラニンを生成する細胞が活発っということですので、こういうことになってしまうわけです。

黒ずみ乳首は待てば薄くなる?

 余計な刺激で発生した黒ずみ乳首は、お肌のターンオーバーが一巡すれば、元の乳首の色に戻ってくれる可能性はあります。ただし、条件として、それ以上の余計な刺激を与えないこと、と、正しく保湿ケアをしてあげることが必須だと思います。

保湿ケア

 化粧水や市販の保湿クリームでも構わないのですが、それらは乳首に使うことを前提として作られているものではありませんので、どうせお金を出して使うのであれば、専用のクリームが安心だと思います。

 また、このページの冒頭で、年齢を重ねるごとに乳首はピンク色になっていくと書きましたが、完全なピンク色になるのは50代後半~60代になった頃だと言われています。(当然、これにも個人差はありますが)

 60代まで待ってピンク色になったからさぁ恋愛するぞ!!っとはなりませんよね・・・60歳でも良い恋愛ができるとは思いますが、大事なのは今、次のデートだっというのは分かっていますよね^^;

ピューレパール(初回購入から解約できる)

ピューレパールのここが良い!

  1. ワキの黒ずみ用として開発されたクリーム
  2. 定期購入の縛りがなく、いつでも解約OK
  3. 初回購入価格もがっつり安い
  4. 乳首のみに使うなら1本で2か月は使える
内容量 初回購入価格 継続時の
1日コスパ
60g
◎
2,750円
◎
1日70円
◎

 黒ずみワキ対策のためのクリームですが、中の成分を見る限り乳首の黒ずみにも使える黒ずみケアクリームです。

 乳首ケア専用のクリームは30g前後の商品が多いのですが、ピューレパールはワキ用として開発された背景もあり1本60gなので、1本で2か月くらい使えて、コスパ最強です。



エルヴィーキュア(初回購入から解約できる)

エルヴィーキュアのここが良い!

  1. 乳首の黒ずみ専用クリーム
  2. 美白美容成分が48種類とケタ違いに豊富
  3. 定期購入の縛りがなく、いつでも解約OK
  4. 初回購入価格も安い
内容量 初回購入価格 継続時の
1日コスパ
30g 3,800円
〇
1日176円

 エルヴィーキュアは乳首の黒ずみケアクリームの中でも美容成分が48種とダントツに多いのが最大の特徴です。

 ピューレパールも良いけど、乳首専用じゃないんでしょ・・・っと悩んでしまった方にはこちらのエルヴィーキュアの方をオススメしたいと思います。



Page top icon